リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
16フィール(16ビート)F

リズムパターン

16フィール系F

譜面をみながら、音を聞いてみよう!

画像をクリックすると、動画を見ることができます。

←前のページへ<<7ページ>>次のページへ→

このページではハイハットを両手で叩く16フィール(いわゆる16ビート)を紹介します。HHにアクセントがついていることに注意しよう。HHの手順はオルタネイトになってるよ。右手だけにとどまらず、左手にもアクセントがついているので気をつけてね。このアクセントをつけたままこのリズムを叩くことが大切だよ。


パターン・16フィールF-1

ハイハットのアクセントはDUUDで進行します。しかし右手はハイハットとスネアを行ったり来たりします
(2拍目と4拍目のアタマはスネアを叩く)。スネアからハイハットに戻る時は、ハイハットを叩くという意識ではなく、ハイハットに戻ってからもさらに振りあがる感じを忘れないようにしましょう。
また、ハイハットのノーアクセントの音量は、できるだけ小さく保ちましょう。


パターン・16フィールF-2

こういうパターンのようにハイハットを両手で刻む場合、左手と右足のタイミングをしっかり合わせることがむずかしいので、ずれたりしないように注意しながら練習しよう。特に3拍目のようにノーアクセントの左手の位置にバスドラが入るような場合は最もずれやすいので気をつけましょう。


パターン・16フィールF-3

バスドラとスネアのことばかり気にしていると、ハイハットのアクセントの流れが崩れやすくなってしまします。どのようなバスドラのパターンがきても、なめらかな流れはキープできるように注意しましょう。


パターン・16フィールF-4

このパターンのバスドラとスネアはジョン・ボーナムの超有名なフレーズからとったものだよ。
本当は、ハイハットは8分で叩くのが普通なのですが、ここではハイハットをあえて両手で細かく刻んでみましょう。
これももちろん手と足のコンビネーションに注意して、ギクシャクしないようにトライしてみよう!




16フィールとはなにか









ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。










←前のページへ<<7ページ>>次のページへ→

サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。