リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
16フィールとは

16フィールとはなにか

フィールとは感じるということ

考えてみよう!

←前のページ<<3ページ>>次のページ→

ここでは、16フィールとはなにかということについて考えてみましょう。
まず、この譜面の音をきいてみてください。


こんな感じのリズムが16フィールです。もちろん、ハイハットが16分音符を常に出していなければならないわけではありません。前のページの8フィールの定義の時にも書きましたが、8ビートとか16ビートというのは日本語なのです。そして16ビートのビートという言葉はリズムという意味で使われているのです。ビートという言葉の意味がしっかり理解できていて、あえて使うのであればいいとは思いますが、初心者には分かりにくいと思いますので、僕のレッスンではフィールという言葉を使っています。
16フィールの16とは何かというと、16分音符(1拍は16分音符4つでできていると仮定しています)のことです。

そして16フィールとは

あたかも16分音符の2番目か4番目、もしくはその両方を強調したように感じるリズムのことです。

なぜ2番目と4番目なのでしょうか?
8フィールがあたかも8分音符を強調するように感じるリズムと定義したように、16フィールも16分音符を強調したかのように感じるリズムのことと定義したらいいのではないかと思われるかもしれません。いちいち、2番目と4番目などと面倒なことを言わずにすむのではないかと。
しかし前のページを読んだ方はお分かりかと思いますが、16分音符の1番目と3番目を強調してしまうと、8フィールになってしまいます。
例えばこんなふうに。


これは聞いた感じあきらかに8フィールですよね。
つまり16フィールにおいては、強調する位置が2番目と4番目であることが重要なのです。 こんどはこれを聞いてみてください。


どうですか?おもしろいでしょ?「これ8(エイト)じゃん!」って感じませんでしたか?これは、2番目や4番目を強調していますから、見た目には16フィールなのですが、実際に聞いてみると8フィールにきこえますね。不思議ですね。これを強引に16フィールであると解釈すると、譜面を見せればなんとか相手にも伝わるかもしれませんが、おそらくは混乱してくると思います。ですから「あたかも」「感じる」という部分が重要であるのです。
リズムを定義するのは難しい面が多いですね。
そしてこれもよくある16フィールです。


つまりハイハットが8フィールのときとまったく同じであっても16フィールを感じさせることができるということですね。
こうして考えてみると8フィールと16フィールとの差はじつは紙一重であることが分かりますね。親戚みたいなものでしょうか。自分がよく使っているフィーリングに翻訳されることもあります。16フィールを叩いているのにシャッフルに聞こえてしまうというものもあります。リズムって面白いですね。^^;




ビートとは何か

リズムとは何か

8フィールとは何か

16フィールとは何か





ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。


←前のページ<<3ページ>>次のページ→

このページのTOPへ
プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
8フィール(8ビート)とは何か
コンテンツのトップ 次のページ
シャッフルとは何か