リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
ボサ・ノバ リズムパターン 動画つき

リズムパターン

ボサ・ノバ系

譜面をみながら、音を聞いてみよう!

画像をクリックすると、動画を見ることができます。

前のページへ<<20ページ>>次のページへ

このページではブラジルで生まれたボサ・ノバを紹介します。
ボサ・ノバという言葉はもともとリズムパターンを意味するものではなく、「新しい傾向」という意味を持つ言葉でした。
ボサ・ノバのリズムはギタリストのジョアン・ジルベルトの考案したバチーダというリズムから発展したものであるといわれています。(1950年代後半のこと)


リズムパターン・ボサノバ1

ドラムセット全体の音量は下げて練習しましょう。
動画ではバスドラはヒールをダウンさせて踏んでいます。
譜面でのスネアの位置に出てくる音は、クローズドリムショットを表しています。


リズムパターン・ボサノバ2

途中でバスドラとクローズドリムショットとハイハットが重なるところがあります。このとき、この3つがバラバラになったりせずに、しっかり一致するように心がけましょう。


リズムパターン・ボサノバ3

しらない間にバスドラの音量が上がってしまうことがあるので、その点を注意しましょう。
特にいままでヒールアップだけで踏んでいたような人は、そういう傾向があると思いますので、注意して練習しましょう。


リズムパターン・ボサノバ4

ハイハットの音量は、バスドラやクローズドリムショットよりも小さくできるようにしましょう。
テンポが上がると音量も上がりがちになるので、気をつけましょう。











ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。















前のページへ<<20ページ>>次のページへ

サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。