リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
ソンゴ

リズムパターン

ソンゴ系

譜面をみながら、音を聞いてみよう!

画像をクリックすると、動画を見ることができます。

前のページへ<<22ページ>>次のページへ

このページではキューバで1970年代に生まれたソンゴのリズムを紹介します。
ソンゴとはキューバのチャランガ楽団、ロス・バン・バンのチャンギートが創ったリズムのことです。チャンギートはドラムを使ってソンのリズムを表現する方法を完成したとしてサルサのミュージシャンにも注目されました。(ソンとは20世紀はじめごろ、キューバ東部のサンティアーゴ・デ・クーバの周辺で生まれた音楽で、ハバナに伝わり、大流行した音楽のこと。その後にあらわれるマンボやサルサの基となった。)


リズム・パターン:ソンゴ-1

このパターンはロス・バン・バンの曲を聴いて作ったものです。
4分音符でライドのカップを叩くということと、小節のアタマにバスドラが入っていないのが特徴です。
小節のアタマにバスドラを入れたくなるかもしれませんが、入れないで空間を作りましょう。



リズム・パターン:ソンゴ-2

このパターンは、上にでてきたものにバスドラを付け加えるなどの変形させたパターンです。
バスドラはトゥンバオと呼ばれるパターンになっています。



リズム・パターン:ソンゴ-3

ネタをばらしてしまうと、このパターンはデイブ・ウェックルが使っていたパターンを変形させたものです。
フロアータムとスネアの使い方がミソです。混乱しないようにじっくり練習しましょう。
僕がよく使うものでもあります。



リズム・パターン:ソンゴ-4

上のパターンでもそうなのですが、3拍目のライドが16ウラでカップを叩くようになっています。
これが結構カッコいいでしょ?バスドラがトゥンバオのパターンに変わっています。
テンポを下げてゆっくりから練習しましょう。











ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。
















前のページへ<<22ページ>>次のページへ

サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。