リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
リズムパターン レゲエ系

リズムパターン

レゲエ系

譜面をみながら、音を聞いてみよう!

画像をクリックすると、動画を見ることができます。

前のページへ<<24ページ>>次のページへ

このページではレゲエのリズムを紹介します。
レゲエはジャマイカで生まれました。スカからロックステディーへ。そしてレゲエへと変化していくのです。世界で最初のレゲエの曲は1967年のトゥーツ&ザ・メイタルズの「ドゥ・ザ・レゲエ」だと言われています。
レゲエの特徴はワン・ドロップ・フィールといわれる雰囲気です。1小節に1回、ドーンとドロップする感じですね。


リズム・パターン:レゲエ1-1

3拍目のバスドラがワン・ドロップ・フィールとよばれるものです。ハイハットのアクセントは2拍目と4拍目についています。スカのときと同じように、小節のアタマには印象的な音はありません。拍のアタマはハイハットをノーアクセントで刻んでいます。1拍目にはバスドラを踏みたくなる人もいるとは思いますが、そこに入れてしまうとワン・ドロップ・フィールの感じが薄くなってしまうので、注意しましょう。


リズム・パターン:レゲエ1-2

このパターンでは2拍目と4拍目をクローズド・リムショットで演奏しています。
ですから、ハイハットはノーアクセントぎみに叩いてもわりと雰囲気は出せると思います。
一番最後に出てくるスネアは、シンコペーションする感じで叩くといいと思います。


リズム・パターン:レゲエ2-1

ここでは、ハネた感じのレゲエのパターンを練習してみましょう。
2小節目の2拍目にでてくるハイハット・オープンがドロップ・フィーリングを引き立たせています。オープンの長さは動画にあるように、バスドラの位置まで1拍分しっかりと伸ばしましょう。


リズム・パターン:レゲエ2-2

このパターンも上と同じようにハネた感じのものです。
2小節目出てくるハイハットのアクセントは、僕がよく使うものですが、結構イイでしょ?^^;
練習してぜひ使ってください。











ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。






前のページへ<<24ページ>>次のページへ

サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。