リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
16フィール(16ビート)E

リズムパターン

16フィール系E

譜面をみながら、音を聞いてみよう!

画像をクリックすると、動画を見ることができます。

・前のページへ<<6ページ>>次のページ・

さらに16フィールのリズムのつづきを紹介するね。
ここでのバスドラは16分音符の前から2つ目と4つ目の位置にでてきます。


パターン6-1


3拍目では、ハイハットとバスドラが交互にでてきます。ハイハットを意識するあまり力んでしまわないようにしましょう。全体を通してハイハットが一定の流れをキープできるように練習しましょう。


パターン6-2

2拍目の最後から3拍目のアタマにかけてバスドラの2つ打ちがでてきます。
バスドラは2拍目においては2つ出てきますが、1つはシングルで踏んで、2つ目はダブルの最初になっていますので、そういうつもりで踏み分けましょう。


パターン6-3

このパターンではバスドラが多くでてきます。
細かく意識しすぎて、全体がみえなくならないように注意しましょう。
また、3拍目が小節のアタマになってしまわないように、小節のアタマもしっかり意識しましょう。

こんどは同じパターンをシンコペーションを使って練習しましょう。
いわゆるクッて入るという練習です。



パターン6-4

このパターンも小節のアタマが見失いがちになるパターンです。
スピード感をうしなわないように、かつ小節の区切りもしっかりと意識できるように練習しましょう。


上の問題ができたら、同じパターンでシンコペして入るという練習もやってみましょう。
上と同じ問題?と感じてしまったひとは、まずパターンをよく聞いて、しっかりと理解した上で取り組みましょう。




16フィールとはなにか









ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。










・前のページへ<<6ページ>>次のページ・

サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。