リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
シャッフル

リズムパターン

シャッフル系1

譜面をみながら、音を聞いてみよう!

画像をクリックすると、動画を見ることができます。

前のページ<<11ページ>>次のページへ

ここではベーシックなシャッフルを紹介するね。


パターンS1-1

このシャッフルのリズムパターンを叩く時、注意してほしいのがハイハットの刻みです。
ここでは、3連符の3番目の位置をしっかり把握して練習に取り組みましょう。タイミングを考える時、8分音符のイーブン(均等)に近い感じになってしまう人は、3番目の位置を意識しきれていない可能性があります。
ハネさせるということを忘れないように練習しましょう。


パターンS1-2

上の問題もそうですが、ここではハイハットにアクセントを付けています(譜面にはのっていませんが、拍アタマがアクセントになっています)。3拍目はアップストロークとバスドラが一致することになります。
このような場合バスドラとハイハットがずれやすくなりますので、注意しましょう。


パターンS1-3

小節の最後がバスドラの2連打の1番目になっています。
ハネ方が中途半端になったり、ハイハットとずれたりしないようにしましょう。
(中途半端なハネ具合というのは、音楽によって存在しています。しかしここではしっかりと正確にハネられるように練習しましょう。)


パターンS1-4

このパターンはバスドラのアタマ抜きになっています。これは1小節単体で繰り返すというものではなく、2小節やそれ以上の複数小節フレーズの一部として利用されることをお勧めします。
ハイハットのリズムキープを忘れずに意識して練習しましょう。











ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。










前のページへ<<11ページ>>次のページ

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
8フィール系HHオープン
コンテンツのトップ 次のページ
シャッフル系2
サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。