リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
ドラッグについて

ドラッグについて

前のページ<<13ページ>>次のページ

☆ ドラッグ

ここでは、ダブル・ストロークを使った有名なテクニックである「ドラッグ」について見てみましょう。
別名「ラフ」ともよばれ、オカズやリズムに「ねばりけ」がほしいときに取り入れられています。

僕にとってもこのテクニックは大好きで、本当によく使います。
数あるルーディメンツの中でもよく使われるテクニックでもあります。

ここでカギになることは、   1 タップストロークとしてのダブルストローク  と 2 アップストロークとしてのダブルストローク   を使い分ける必要があるということです。
タップのダブルは見よう見真似でできる人もいらっしゃいますが、アップのダブルは自力で気づくにはむずかしいでしょうね。
では、この譜面をやってみましょう。動画を見るとわかりますが、テンポが遅いときのダブルストロークはタップで、速いときのダブルストロークはアップストロークになっています。この2つのダブルストロークをしっかり意識して練習しましょう。







☆ シングル・ドラッグ・タップ

このルーディメンツの注意点は、拍のアタマがノーアクセントになっているということです。
ドラッグのすぐあとの音は、アクセントであることが多く、ノーアクセントにするためには、慣れがひつようですので、繰り返し何度も取り組んでください。
ここで出てくるダブルストロークは、アップで演奏してください。動画においては、このフレーズにバスドラとハイハットをつけています。

 

 



☆ ダブル・ドラッグ・タップ

ここでは、ドラッグをもうすこし増やして、3連の中にいれてみましょう。
3連符の最後の8分音符にアクセントが付いていますので、2番目のダブルストロークをアップにして、対応してください(ただし、モーラー奏法によるアップストロークでアクセントをつける場合は、ダブルストロークのアップをつかわずにアクセントをつけることができます)。
譜面では、1拍目と2拍目では手順が反対になっています。 慣れてきたら、動画のようにバスドラをいれてみましょう。

 





☆  レッスン25

装飾音符としてのダブル・ストロークは主にアクセントに付けることが多いのですが、ここではノーアクセントについています。
しかも、この音符はアップ・ストロークとなっているので、注意が必要です。
このドラッグは、拍のアタマの前についているので、拍の最初のように見えますが、実はそのひとつ前の最後に位置します。
それを意識することで、サラリとできることがあります。
まずはRスタートからやってみましょう。





今度は、Lスタートにトライしましょう。








☆ シングル・ドラガディドル


このルーディメンツの特徴は、ドラッグであるダブル・ストロークにアクセントがついているということです。
普段よく使うダブル・ストロークは、ノーアクセントが多いのですが、ここではその逆になっているというわけです。
動画では、倍速のダブルにモーラー奏法によるアップ・ストローク でアクセントをつけています。このような場合は、アクセントの前の準備のためのアップ・ストロークはでてきません。もちろん、これ以外の動きの形で演奏することも可能です。


   

前のページ<<13ページ>>次のページ

サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。