リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで

シングルストロークについて

<<1ページ>>次のページへ

ここでは、シングル・ストロークについて紹介します。
シングル・ストロークは別名”一つ打ち”とも呼ばれ、ドラマーにとっては、欠かすことのできない最も大切な技術です。普通の演奏の、おそらくは7・8割をシングル・ストロークで占められているといっても過言ではないでしょう。 ドラムに慣れ親しんできたひとも、基礎にもどって、しっかりとタイミングを正確にする練習をしましょう。



シングル・ストローク-1

最もよく使うのが、この譜面のようなパターンですね。
左右対称に順番に叩いてみましょう。



BPM120はの2'30"からです。
BPM160はの2'53"からです。
BPM200はの3'11"からです。
BPM200でも決して疲れたりはしません!疲れる場合は悪い動きになっています。そういう場合は相談してくださいね!

シングル・ストロークの応用例 BPM 120



ここでは、実際にシングル・ストロークをドラムセットに応用してみましょう。
スネアを連続で叩いて、フィルインにしましょう。




演奏は動画の3'26"からです。




シングル・ストロークの応用例 BPM 160





演奏は動画の4'12"からです。




シングル・ストロークの応用例 BPM 200



BPM200でも身体はどこも疲れたりはしません!くれぐれも無理にスピードを上げないでください。リラックスしているからスピードがあがるのです。
なかなか上がらない方はぜひスピードをあげるレッスンを受けてみてください。きっと驚きますよ^^;

演奏は動画の4'44"からです。




シングル・ストロークの応用例 4

その速さで、リズムを叩きながら、スネアやタムなどに移動してオカズを叩いてみましょう。

 


 

<<1ページ>>次のページへ

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
Page 7
コンテンツのトップ 次のページ
シングルストローク 2
サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。