リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
シングル・ストローク・セブンについて

シングル・ストローク・セブンについて

前のページ<<5ページ>>次のページ

このページでは、シングル・ストローク・セブンについてみてみましょう。


シングル・ストローク・セブン





シングルストロークセブンは7'37"からです。











このフレーズは、6連符と4分音符で練習しましょう。
2拍でひとつのフレーズとして、1つのものとして意識できるようにすることが大切です。
まずは、右手だけで練習しましょう。3連符と4分音符としてひとまとまりとして意識できるようにしましょう。それができたら左手を入れてみましょう
(動画においては、モーラー奏法を利用して叩いています)。







右スタートができたら、左スタートもやってみましょう。
ゆっくりから、気長に取り組んでください。










シングル・ストローク・セブンの応用例

こんどは、これを実際にドラムセットに応用してみましょう。
シングル・ストローク・セブンをオカズとして、リズムにまぜながら、叩いてみましょう。6連符を使ったフィルインもでてきます。
いきなり、通して叩こうとしないで、2小節つづ分けて、ひとつひとつクリアーしていくつもりで練習しましょう。
普通の曲ではこんなに頻繁にフィルインがでてくることは、ほとんどないので、実際に曲に使う場合は、入れるポイントに注意して使ってくださいね
(譜面の下にある画像をクリックしてください)。





(画像をクリックすると、動画を見ることができます。)






ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。









前のページ<<5ページ>>次のページ

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
シングルストローク 4
コンテンツのトップ 次のページ
ダブルストローク・オープンロール
サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。