リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで

128パラディドルについて

パラディドルを応用するために

譜面をみながら、音を聞いてみよう!

画像をクリックすると、動画を見ることができます。

前のページ<<4ページ>>次のページ

ここでは、シングルイレギュラーアクセントの左スタートを紹介します。
イレギュラーアクセントでは、レギュラーアクセントに比べて、ディドルのアップがたくさんでてきます。モーラー奏法においても、このアップストロークが重要となります。アップストロークは、前腕部が内側に回内しながら振り上げていくことを指します。
自分のプレーをモーラー奏法ができる人に見てもらいましょう。
また、パラディドルをドラムセットに応用していくためには、この左スタートの練習がとても重要です。オスティナートにおける奏法では、右腕は16分音符の2番目と4番目をたたくとはありません。しかし、パラディドルではこれが可能となってきます。つまり、拍のアタマが左になることが多発してくるのです。こうなった場合に、左スタートをしっかり練習しておくとスムーズにフレーズが進行します。


☆ NO,49 LRLL ストレート・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 1

スティックを握りすぎるとスピードが上がりにくくなります。できるだけゆるく持ちましょう。


☆ NO,50 LRLL ストレート・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 2

動画にようにバスドラをいれてみましょう。そのときずれないように注意しましょう。


☆ NO,51 LRLL ストレート・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 3

▽'のとき、フライバックを円を描くように動かしましょう。




☆ NO,52 LRLL ストレート・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 4

振り下げる方よりも、振り上げることを意識しましょう。



 

☆ NO,53 LLRL リバース・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 1

▲▲は、左前腕が徐々に振りあがりながら内側に回転(回内)するということです。

 

☆ NO,54 LLRL リバース・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 2

▼'と▼のちがいは、回外したあと、フライバックを多く取るか、少なく取るかのちがいです。

 

 

☆ NO,55 LLRL リバース・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 3

▲▲と△の連続のアップストロークに注意しましょう。

 

 

☆ NO,56 LLRL リバース・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 4

NO,55と同様に、2拍目がRLRRとなっていることに気をつけてね。

 

 

☆ NO,57 LRRL インワード・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 1

ついうっかりLRLLRLRRとなってしまわないように、ディドルのアップを意識しよう。

 

 

☆ NO,58 LRRL インワード・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 2

Rの音量が上がり過ぎないように、なるべく小さく出しましょう。

 

 

☆ NO,59 LRRL インワード・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 3

動画のようにバスドラとハイハットも同時に音が出せるようにしよう。

 

 

☆ NO,60 LRRL インワード・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 4

▼のとき、左上腕が前腕よりもさきに反応するように、動かしましょう。

 

☆ NO,61 LRLR ディレイド・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 1

ディドルは拍をまたいででてきます。このときに徐々にアップするということが大切です。

 

 

 

☆ NO,62 LRLR ディレイド・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 2

右はすべてノーアクセントとなっています。

 

 

☆ NO,63 LRLR ディレイド・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 3

ディレイドのディドルはタイミングがとりづらいので、ヨレないように注意しよう。

 

 

☆ NO,64 LRLR ディレイド・パラディドル系 シングル・イレギュラー・アクセント 4

▼のあとスティックを握りすぎないようにしながら、同時にリバウンドさせないようにすることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。









前のページ<<4ページ>>次のページ

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
128パラディドル B-1
コンテンツのトップ 次のページ
128パラディドル C-1
サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。