リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
ダブル・ストローク・オープン・ロールについて

ダブル・ストローク・オープン・ロールについて

前のページ<<8ページ>>次のページ

このページでは、ダブル・ストローク・オープン・ロールについてみてみましょう。
ダブル・ストロークは、その構造上、一回の振り上げや振り下げにおいて、2つ連打するというものです。このダブル・ストロークをセットに応用することで、ネバっこい、メリハリのある演奏ができるようになります。はじめて取り組む方はすぐには、使えるようにならないかもしれませんが、がんばって練習してください。


ダブル・ストローク・オープン・ロール

手順はRR、LLです。
2打目の音がしっかり出ないという問題に直面すると思いますが、そういう場合は、一打目でヒットさせたときに、スティックを握り過ぎていないかどうかを確認してください。握りすぎているとリバウンドをうまく拾うことができずに、2打目の音が小さくなってしまうからです。






実際に練習するときは、いろいろなテンポに変えてやってみましょう。
テンポを変えて練習するということが、ダブルの2つの間隔をコントロールするという練習になります。タイミングが安定しないと感じている方は、この方法も取り入れてみてください。



ダブル・ストロークの練習法については、じつにさまざまなアプローチがあります。僕のレッスンでもいろいろな練習を紹介していますので、気になる人は無料体験レッスンを受けてみてくださいね。





ダブル・ストローク・オープン・ロールの応用

ここでは、実際にドラムセットに応用してみましょう。
動画では、オカズが頻繁に入っていますが、実際の曲においては、こんなにオカズが入ることは、あまりありません。ここでは最後まで通して演奏していますが、この譜面の中から気に入ったフレーズを取り出して練習してください。


















前のページ<<8ページ>>次のページ

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
シングルストローク 7
コンテンツのトップ 次のページ
トリプルストロークロール
サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。