リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
アクセント理論について

アクセント理論について

リラックスして取り組もう!

演奏してみよう!

前のページ<<26ページ>>次のページ

3連符のアクセントの練習も慣れてきましたか?
このページで一応の一区切りとなります。

もう一度おさらいをしておきますと、
フルストローク(F)はバスケットボールのドリブルをするような感じで叩く、
ダウンストローク(D)はリバウンドを吸収するように叩く、
タップストローク(T)はなるべく腕を振らずに小さく叩く、
アップストローク(U)は腕を振り上げて、次のアクセントの準備も兼ねて叩く。
という感じでしたね。

ドラマーにとって、アクセントをコントロールするということはとても大切な技術です。
この技術に磨きをかけても、決してかけすぎることはありません。何度も何度も練習をかさねて、より洗練されたストロークを身につけましょう。




途中で出てくるポリリズムは5拍3連と呼ばれるものです。ここでは2種類の5拍3連が出てきています。1つめは”強弱弱弱弱”のサイクルが3つでてきます。
2つめは”強強弱弱弱”のサイクルが3つとなっています。
これは僕が考案した「ポリリズムの原理」から分かる事です。ポリリズムの原理については、将来hiromu page で公開しようと思っていますので、楽しみにしていてください。













アクセント理論とは何か






ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。


ドラムレッスン用無料メールマガジン”レッスン!?”発行中!!

登録するにはsubscribe-25304@mailreg.melma.comへ空のメールを送るだけ!!



前のページ<<26ページ>>次のページ

このページのTOPへ

©2004 hiromu yamashiro. All Rights Reserved

サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。