リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
アクセント理論とモーラー奏法5

アクセント理論について

リラックスして取り組もう!

演奏してみよう!

前のページ<<8ページ>>次のページ


ダウンストローク(D)は、次の音を小さく出していくための準備もかねています。
ですから、リバウンドをしっかり吸収できるようにトレーニングしましょう。


 4連符の3番目と4番目にアクセントがあるもの(いわゆる”ツツタタ”というやつですね)を練習しましょう。弱弱強強になるパターンです。このアクセントの形の中には、UUDD、UUFD、UUFF、UUDFの4つの動きの形がありましたね。


例によって、1小節ずつ区切ってゆっくりから繰り返し取り組みましょう。
画面をクリックすると、動画でチェックできますよ。

1小節目はUUDDの練習用です。(UUDD、UUDD) 


2小節目はUUFDの練習用です。(UUFD、DTTT) 


3小節目はUUFFの練習用です。(UUFF、DDTT) 


4小節目はUUDFの練習用です。(UUDF、TDTT) 


小節ごとにできたら、今度はすべてつなげてやってみましょう。





 4連符の2番目と3番目ににアクセントがあるもの(いわゆる”ツタタツ”というやつですね)を練習しましょう。弱強強弱になるパターンです。このアクセントの形の中には、UDDU、UDFT、UDDT、UDFUの4つの動きの形がありましたね。


まずは、1小節ずつ区切ってゆっくりから繰り返し取り組みましょう。

1小節目はUDDUの練習用です。(UDDU、UDDU) 


2小節目はUDFTの練習用です。(UDFT、DTTU) 


3小節目はUDDTの練習用です。(UDDT、UTDU) 


4小節目はUDFUの練習用です。(UDFU、DDTU) 


小節ごとにできたら、今度はすべてつなげてやってみましょう。

もちろん、この2拍のうち、大切なのは1拍目です。2拍目は1拍目の動きの形を引き出すためのものです。代用ができるものであれば、これ以外のものでも構いません。




モーラー奏法で演奏する場合

とかくモーラー奏法においては、派手な部分が目立ってしまいますが、このような地味な基礎練習がじつは一番演奏上の役に立ちます。

がんばって練習しましょう。

記号はモーラーブックから参照しています。記号についてはこちら

29 UUDD の場合 

上腕から前腕へのエネルギーの流れを意識しましょう。腕全体がムチ打つような感じです。

30 UUFD の場合 

手首から先だけで叩こうとしていませんか?リラックスするには、胴体に近い方から順番にうごくことが重要です。

31 UUFF の場合 

ものを投げるような感覚で、腕全体が動かせるように工夫しましょう。

32 UUDF の場合 

上腕と前腕の流れを意識すると、タイミングがねらいにくくなるかもしれません。
そのとき決してリキまないようにしましょう。

 

 


33 UDDU の場合 

モーラー奏法では、チップの軌道が乱れているようにみえるかもしれませんが、それはチップが描く円の途中で打面にあたるためです。

34 UDFT の場合 

チップの軌道の乱れが気になり、直線的にしてしまうと、腕のリラックスがしにくくなります。

35 UDDT の場合 

チップの軌道はあくまでも腕を動かした結果そうなるものです。

36 UDFU の場合 

リラックスして力みなく腕を動かしたとき、チップ描く軌道はさえぎるものがなければ、インフィニティー(無限大のマーク)を描きます。




 

 







 

 

 


アクセント理論とは何か







ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。



プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
タツツタ&タタツツ
コンテンツのトップ 次のページ
ツタツタ&タタタツ
サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。