リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
アクセント理論とモーラー奏法3連符1

 

アクセント理論について

リラックスして取り組もう!

 

演奏してみよう!

前のページ<<16ページ>>次のページ

アクセント理論というのは、4連符だけでなく3連符にもあてはめて考えることができます。ここではアクセント理論を使って、3連符のアクセント移動を練習しましょう。

 まず最初は3連符の1番目にアクセントがあるもの(いわゆる”タツツ”というやつですね)を練習しましょう。このアクセントの形の中には、DUT、DTU、DUU、DTTの4つの動きの形がありましたね。
タツツというアクセントの形を繰り返すとすると、動きの形はDUTになりますね。
つまり、このアクセントの形を繰り返すだけでは、他の3つの動きの形は出てこないのです。4連符のときにも説明しましたが、すべての動きの形をマスターするには、下の譜面にでているような練習が必要なのです。例えばタツツ、タタツ(下の譜面の3小節目)というアクセント移動を習得したいと思ったとします。この2拍をつなげて練習するのは難しく思えたので、1拍ずつわけて練習することにします。なかなか賢明な方法に見えますが、実はこの2拍を1拍ずつ繰り返してしまうと、動きの形が変わってしまいます。分かりますか?1拍目のタツツはDUUでなければいけないのに、これを単体で繰り返すと、DUTになってしまい、次のタタツとつながらなくなってしまうのです。
この2拍はべつべつに切り離して練習してしまうと、DUUの動きが出てこなくなってしまうのです。
ですから、2拍セットにして練習することがとても重要です。
まずはRスタートから練習してみましょう。

ここには、タツツというアクセントの形がもつ4つの動きの形をすべて練習できるように用意しました。まずは、1小節ずつ区切ってゆっくりから繰り返し取り組みましょう(ここでの1小節は2拍でできています)。


右スタートができたら、今度はまったく同じアクセント移動を左スタートもやってみましょう。3連符をオルタネイトで演奏する場合、次の拍は逆の手順になります(例えば、R L R の次はL R L というように)。3連符をマスターしていくためには、左スタート(利き腕と逆のスタート)での練習が重要なカギになります。









モーラー奏法で演奏する場合

 

3連符のオルタネイトの分野をマスターするために、しっかり取り組もう。


記号はモーラーブックから参照しています。記号についてはこちら

 

 

1 DUT (右スタート) の場合 

3連符をマスターできれば、シャッフルにいれるオカズも自由にできるよ。

2 DTU (右スタート) の場合 

1つ1つの動きの形は、すべて無駄のない効率的な習得の役に立ちます。

3 DUU (右スタート) の場合 

特にジャズをやる人は必ず練習するようにしてください。

4 DTT (右スタート) の場合 

これから出てくるすべての動きの形をマスターすると必ず3連が自由に叩けるようになります!





5 DUT (左スタート) の場合 

アクセント理論には、アップしてからアクセントをつけるという約束事があります。

6 DTU  (左スタート) の場合 

ここでの最初のアクセントは、2拍目のFにつながるものであると考えてください。

7 DUU (左スタート) の場合 

アクセントのつながりは回転を逆にして連続させていきます。2拍目のFから1拍目のDへ逆回転でつなげています。

8 DTT (左スタート) の場合 

1拍目のすべての動きの形には意味があります。しっかり練習しましょう。








アクセント理論とは何か




ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。

 

サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。