リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
アクセント理論について

アクセント理論について

リラックスして取り組もう!

演奏してみよう!

前のページ<<15ページ>>次のページ


 さらにもうひとつ8小節フレーズに取り組んでみましょう。
もちろん練習する際には、動きの形に注意して、滑らかにつなげられるようにしてくださいね。


このフレーズではポリリズムを意識できるように取り組んでみましょう。
ポリリズムはよく分からないという人も、アクセントだけに注意して練習すれば、できるようになるはずです。もしできないフレーズがあれば、そこの部分の動きの形がまだマスターできていないということですから、その動きの形だけを練習するとよいでしょう。

ポリリズムに関しては、またあらためて専門のページを作る予定でいますので、期待していてください。ここでは軽く触れる程度にしておきます。

まず、5拍4連について。5拍の中に、同じフレーズが4つあるということです。ここでは、強弱弱弱弱というフレーズが4回くりかえされています。これはいわゆる16分音符の5つ割りですが、5拍で完結しているので5つ割りという表現ではなく、5拍4連という表現になるわけです。

3拍4連について。強弱強のフレーズが4回繰り返されています。拍のアタマから始まらずに、1つ前の拍の最後の16分音符から、シンコペーションするように始まるように感じられればOKです。



また、ドラムセットで練習するときは、バスドラとハイハットを踏みながらやれるようにしましょう。手だけが動いても、足を入れると途端にできなくなったりします。
また、足はハイハットで8分ウラだけにして練習すると、タイミングが正確になりやすいですよ。ヨれてしまうときなどは、そうしてみてください。






アクセント理論とは何か







ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。




プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
4連符 組み合わせB
コンテンツのトップ 次のページ
3連符1
サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。