リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
オカズ

モチーフ 1

今回のモチーフはこれ。

ex.1

じゃー、実際に上の音符を使ってこんな感じにタムなどに振り分けてみよう。

こんどはこれをリズムのなかに入れてたたいてみよう。オカズが入っているのは、2小節目の3・4拍目だよ。
どう?モチーフの音符をタムやハイハットにちょっと割り振るだけでりっぱな(?)オカズになるでしょ?
じゃー、8フィールのリズムにのせて叩いてみよう!ちなみにテンポは120です。

 

ex.2

こちらはハイ・タムとフロアー・タムに振り分けたオカズ。

これをこんどは16フィールのリズムにまぜて叩いてみよう。こちらのテンポは90です。

 

※どちらの問題も必ずメトロノームといっしょに演奏しよう。

サイト内検索
モーラー奏法 人気記事
やっぱり大事だよね 精神論
レッスンメニュー
無料体験レッスン

当ドラムレッスンについて詳しく知りたい人は無料体験レッスンを受け てみてください。