リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
ビートシフトとは

ビートシフトとはなにか

メトロノームと仲良くなろう

考えてみよう!

前のページ<<3ページ>>次のページ

このページでは、4連符の2番目にビートをシフトさせることについて考えましょう。これは、難易度が高いので慎重にすすめよう!


このように、メトロノームを鳴らすと、拍アタマに聞こえる音符を、



この下の譜面のように、16分音符の2番目の位置に、シフトさせるということです。





前ページで行った練習と同じようにやってみよう。、シフトする前の拍の前から4番目(アクセントがついているところ)をシフトした後の拍アタマにするという考え方でトライしてみてください。そうすると、シフトする前の拍アタマがシフトした後の前から2番目になります。言葉で説明するとちょっとややこしいですが、がんばってやってみよう。




 

シフトさせるときには、まずはスティックでできるかどうが試してみましょう。自分自身が感じている拍のアタマがずれるかどうかが、ポイントです。感覚の訓練なので、理解はできても実際にシフトさせようとするとなかなか難しいのです。メトロノームで練習する場合は、”聞いているようで聞いていない”という感じを体得できるまでがんばりましょう!


フレーズをひとつ聞きながら、参考にして、練習しましょう。
ここではスペースの都合上、すぐにシフトしていますが、実際に練習するときは、確実にシフトが完了してからリズムに入るようにしましょう。
特に16フィールが好きな人は、これを練習することで、さらに感覚が研ぎ澄まされていくと思います。








リズムパターンができたら、オカズを入れてみよう。そのオカズはあなたがよく使うもので構いません。オカズを入れるとリズムキープがさらに難しくなりますが、フレーズそのものはとても安定してくると思います。





ビートとは何か

ビートシフトとは何か







ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。




前のページ<<3ページ>>次のページ

このページのTOPへ

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
4連符ウラ(4番目)にシフト
コンテンツのトップ 次のページ
3連符ウラ(3番目)にシフト