リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
チェンジ・アップ、チェンジ・ダウン、アクセラレーション・コントロール

アクセラレーション・コントロール 基本 1


譜面をみながら、音を聞いてみよう!

<<1/3ページ>>次のページ・

このページではチェンジ・アップとチェンジ・ダウン(アクセラレーション・コントロール)を紹介します。
簡単そうにみえますが、非常にたいせつな問題です。しっかりとツメて練習しよう!

基本1

4分音符、8分音符、16分音符、32分音符と、1小節を分ける音符が細かくなっていくのをチェンジ・アップといいます。逆に、32分音符、16分音符、8分音符、4分音符と、1小節を分ける音符が大まかになっていくのをチェンジ・ダウンといいます。
チェンジ・アップとチェンジ・ダウンをあわせて、アクセラレーション・コントロールと呼ぶこともあります。
この問題に関しては、32分音符を1小節叩けるはやさでやってみよう。手順はすべてオルタネイト(左右交互)で叩いてね。もし難しいと感じたら、2小節ごとに区切って練習するのもOK。ちなみにこの譜面はテンポ90です。




ここでは一部分を紹介しています。詳しく知りたい人は、無料体験レッスンを受けてみてね。




<<1/3ページ>>次のページ・