リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
更新略歴 : スティックは投げるもの?
投稿者: hiromu 投稿日時: 2008-12-11 15:58:38 (7326 ヒット)



スティックは投げるもの?









当ドラムメソッドにおいて、グリップを考える際に重要なことは、スティックをできるだけ握らずに、まるで投げるかのように扱うということです。


 


フリーグリップをマスターするためにも、この感覚は重要になります。


 


私たちが箸を持つとき、どのような持ち方ですか?


あえてスティックでやってみますね。


こんな感じにもちますよね?



 


鉛筆をもつときは、どうでしょうか?


こんな風にもちますよね?



 


こんな風にもつのは、あまりきれいではないですよね?



 


これらに共通することは、指先で扱うということです。


当ドラムメソッドにおいては、グリップもそのように、指先で扱うことを指導しております。


 


 


 


でも、注意してほしいことがあります。


それは、ヒットの瞬間に握り込むような感覚をもっている人が、指先でスティックを扱ったらどうなるか?


当然指先に大きな負荷がかかります。すぐに痛くなってしまうでしょう。


ほとんどのドラマーがヒットするときに、握りこんでいるので、痛くなってしまっては、危険ですから、安直にまねをするのはお控えくださいね。


 


では、どうすればいいのでしょうか?


 


やっぱり握りますか?


 


確かに一部そういう部分もあります。


 


完全な意味において、いっさい握ることはないということではありません。グリップを考える際には、この部分が非常に難しいのです。


実は、ヒットするときにスティックを握らない感覚で、扱うことができると、簡単にスティックを指先でコントロールすることができます。


そのためにはフリーグリップをマスターする必要があります。グリップがフリーに近づくことにより、スティックを指先で扱う感じがわかってきます。


 


では、どうしたらスティックを投げるように扱うことができるのでしょうか?


 


それを、考えるまえに、そもそもドラマーはなぜスティックをにぎってしまうのか?を考えてみましょう。


 


それは、ヒットの瞬間にリバウンドがあるからなのです。


リバウンドがまったくないのなら、スティックを握る必要は感じないと思います。例えば、枕を叩いてみましょう。ヒットの瞬間に指を離しても、リバウンドがまったくおこらないので、安心して指を離せますね。これがリバウンドのあるドラムを叩いていても、同じように指を離せるのなら、フリーグリップの土台ができたことになります。


例えばこんな感じですかね。







 


 


 


では、リバウンドはどこで処理するのでしょうか?


 


リバウンドの処理を指でしてしまうと、スティックを挟むというわずかな力を使ってしまうので、完全なフリーな状態にはなりません。実際のフリーグリップはこの状態なのですが、これがくせ者なのです。


指はいつもいつも完全にスティックをさわってもいないというのは、不可能でありますが、


しかしながら、一定の条件をもたせれば、ヒットの瞬間に挟むことさえしないで、連続したストロークが可能です。


フリーグリップの感覚をしっかりつかみ、マスターするためには、ヒットの瞬間には、たとえ大音量であろうとも、スティックが指の上にただ乗っているだけで、決して挟んだりしないという感じをつかまなければならないのです。リバウンドを指では吸収しなくても、ストロークができる感覚が必要なのです。


つまり、リバウンドは、主に腕で吸収することなのです。これができてはじめて、指がフリーになることができるのです。


そして、本当の意味でスティックを投げるように扱うことができます。


リバウンドをスティックを挟むことで吸収しているうちは、フリーグリップの習得は浅いものになっていると言わざるをえません(もちろん、挟んではいけないということではありませんよ、念のため^^;)。


指の力を完全に使わないでヒットすることができてはじめて、無駄なく少しだけ使うという感覚になることができます。


 


 


 


 


 


 


無料体験レッスンはこちらからどうぞ


 


 


評価: 9.00 (2 投票) - 投票する -
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。