リラックスには、法則があります!
モーラー奏法において不可欠であるリラックス。
なぜリラックスには法則があるといいきれるのか?この疑問に答えるべく、無料動画にてこちらで解説しています。
衝撃の内容です!!
気になる方はこちらまで
更新略歴 : 基礎練習の大切さ
投稿者: hiromu 投稿日時: 2008-2-28 1:49:30 (5522 ヒット)



基礎練習の大切さ





モーラー奏法のレッスンにおいても、基礎練習のレクチャーをうける大切さは、はかりしれません。自分では脱力できない部分の修正をうながせるからです。


脱力の進んでいない人は、自分に力が入っているというということを自覚できているかどうかを問うてみてください。


練習していて突然痛みがやってくるような感じがしていませんか?そういう感じがするひとは要注意です。動いているときに力んでいるという自覚がない可能性が極めて高いといえます。


力みがちな人はフォーム練習には注意が必要です。形にこだわるあまりリラックスをあとまわしにしてしまうことがあるからです。力みがなく動かせているという自覚があれば、たとえ多少チカラが入って動いてしまっても、またもとのリラックスした感じにもどすことができます。しかし、形にこだわるあまりに力みが抜けない場合は、もともとその形をとるために力が入っている状態で動いてしまっているわけですから、それ以上力を抜くことは困難になります。それは、どこの筋肉にどれくらい力みがのっているかということにまったく無頓着な人に、リラックスをすすめるということがとても難しいということと同じです。
つまり、脱力が形より優先するということをしっていただきたいのです。


当ドラムレッスンにおいては、基礎練習とは、脱力の進行をうながすものであると考えております。脱力という行為は、その進化に厳密な意味での完成というものはおとずれません。常に進化の途中にあるのです。ですから、当ドラムレッスンにおいての基礎練習も、もうできたからやらなくてよいという考えはとっていません。基礎練習を何度も何度も繰り返し、昨日より今日、今日より明日が、少しずつ洗練されていくように心掛けたいものです。


私たち講師は、みなさんに少しでもリラックス感を感じていただきたいのです。ドラムを叩いていて、力みというものが本当になくなるのですよということをお伝えしたいのです。


 


 


 


 

評価: 0.00 (0 投票) - 投票する -
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。