グリップについて

投稿日時 2007-2-14 21:47:00 | トピック: 更新略歴



グリップについて





ドラマーにとってスティックを握るということは当たり前であると思われています。でももしショット時に握ぎるどころか挟むことさえしないで大音量が出せるといったら信じてもらえるでしょうか?フリーグリップをマスターすれば、それは可能なのです。いろいろなグリップがあるなかでフリーグリップほどスティックを握らないグリップはありません。手にマメができて痛い思いをしている方、それは仕方ないことだと思っていませんか(マメができてしまうのは、ほとんどの場合一ヶ所に集中して必要以上に強く握ってしまうからです)?フリーグリップを身につければ、手にマメができるということはなくなります。また、フリーグリップを解くカギは、リバウンドの処理の仕方にあります。リバウンドのコントロールは指でするのが常識となっていますが、指以外でリバウンドをコントロールすることができるのです。グリップを考える際にもリバウンドの処理というのは、とても重要な要素なのです。

スティックを握りこんでしまう大きな要因が、リバウンドの処理の方法にあるのです。指だけで吸収しようとするから、スティックを握りこむことになってしまうのです。スティックを握りこんでしまうから、前腕に力みが走り、そのことが前腕と上腕の流れを悪くしてしまい、上腕の疲れを誘発してしまうことになってしまうのです。グリップを深く追及することは、いかに握るのかというとだけでなく、腕全体、ひいては体全体のリラックス感に影響してくるとても大切なことなのです。当ドラムレッスンでも時間をかけていろいろな角度から指導しています。





山背ドラムメソッドにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.drumlesson.cc

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.drumlesson.cc/modules/news/article.php?storyid=51